ゼミ紹介

昨今、日本では小学校5年生から高校生の理科に対する興味・関心の低さが懸念されています。「実験は好きだけど、理科は嫌い」といった子どもが多く、論理的に考えることの面白さを享受していない現状が考えられます。本ゼミでは理科教育学を学び、将来学校現場で働く際に「実験は楽しい、理科が好き」といった子どもたちを育て、日本の未来の科学技術を担う人材の育成に貢献できるような先生を目指すことを目的としています。
そのため、大学での研究活動はもちろん、開発した教材を携えて保育所・幼稚園、小学校、中学校、高等学校の現場にて授業実践を行い、教材の効果の検証を行います。また、研究の成果を国内外の学会で発表し、日本や海外の研究者、現場の先生方、他大学の学生との交流の機会を持つことで、広い視野を持った人間への成長を促します。

理科教育学研究室HP: http://education.kogakkan-u.ac.jp/nakamatsu_lab/

ゼミ活動

【出前授業】
・県内外の保育所・幼稚園、小学校、高等学校
における、昆虫を用いた授業実践

【科学講座】
・三重ジュニアドクター育成塾(県内の理科に
 興味を持った小・中学生の研究のサポート)
・三重県総合博物館(MieMu)にてワークショ
ップの出展

【SSH(スーパーサイエンスハイスクール)との連携講座】
・県内のSSH指定校の高校生による研究発表会への参加・交流

【学会活動】
・日本生物教育学会、アジア生物教育協議会等、学会での研究成果の発表

卒業論文題目(2019年度)

本年度から始まる新しいゼミです。理科教育について一緒に研究していきましょう。