皇學館大学|教育学部 皇學館大学|教育学部
教育学部とは?
挨拶
教育学部組織
取得可能資格
履修モデル
教員紹介
ゼミ紹介
研究活動
小中高向けICT活用
子育て支援活動ぴよ♪ぴよ♪
お問い合わせ
教育学会
卒業研究
卒業生のメッセージ
卒業記念ミュージカル
学生の活躍
リンク集
お問い合わせ
オープンキャンパス
入試情報
 
教員紹介
ホーム > 教員紹介 > 元塚 敏彦
 
元塚 敏彦
元塚 敏彦
研究分野: 体育科教育学
担当授業: 体育実技「体操」,体育科教育法(T,II),体育科教育法,体育科教育研究,教育実習(T,II),教育実習事前事後指導(初等,中等),教育観察実習,教育研究演習,教育研究基礎演習
担当ゼミ: 体育科教育ゼミ
ゼミ紹介
経歴

奈良教育大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)

主要業績
学術論文
  1. 体育授業における教師の主導性に関する意識と形成的授業評価との関係
    共著
    スポーツ教育学研究第20巻第1号 平成12年5月
  2. 体育授業における運動有能感を高める工夫が運動意欲および楽しさに及ぼす影響に関する研究  −運動有能感の高い児童生徒の視点から−
    共著
    奈良教育大学教育実践総合センター研究紀要No17. 平成20年3月
  3. 運動有能感の低い児童生徒が積極的に参加できる体育授業での工夫
    −「役割分担」「発見ボード」「今日のヒーロー」に関して−
    共著
    奈良体育学会研究年報第12号 平成20年3月
  4. 中学女子バレーボールの授業研究−初めて学ぶバレーボールでどこまで上達できるのか−
    共著
    天理大学学報第224輯 平成22年2月
  5. 体育授業におけるグルーピング方法に関する研究
    皇學館大学教育学部研究報告集第2号 平成22年3月
  6. 小・中学生段階の器械運動の技達成状況と学習指導要領の内容の妥当性に関する研究
    共著
    平成19-21年度科学研究費基礎研究A研究成果報告書2010/3代表高橋健夫
    体育科のナショナルスタンダード策定の試みとその妥当性の検証
  7. ゴール型ボールゲームの評価方法の開発とその有効性の検討−特に小学校高学年児の「ゲームパフォーマンス」を中心にして−
    共著
    平成19-21年度科学研究費基礎研究A研究成果報告書2010/3代表高橋健夫
    体育科のナショナルスタンダード策定の試みとその妥当性の検証
  8. 運動有能感を高める指導方略
    高橋健夫,岡出美則,友添秀則,岩田靖編著 新版体育科教育学入門 大修館書店
    平成22年4月
  9. 高等学校における効果的な器械運動の授業づくりに関する事例的研究
    共著
    体育科教育学研究 第26巻第2号 2010/10
  10. 小学校体育授業におけるグルーピング方法に関する研究(2)―学年別グルーピング方法のあり方―
    皇學館大学研究紀要 第49輯 平成23年3月
  11. 「万葉けまり」について ―飛鳥・奈良時代の蹴鞠再現に関する報告―
    皇學館大学教育学部研究報告集第3号 平成23年3月
その他

雑誌
体育教師には授業以外にどんな仕事があるのか
「体育科教育」2009.10第57巻第12号 大修館書店

雑誌
教育実習での心構えと業務の実際について教えて
「体育科教育」2009.10第57巻第12号 大修館書店

趣味・特技
趣味:コースター収集
特技:物事にすぐ飽きることができる。やりかけたことを3日ぐらいでやめることができる。(世間では、この2つは特技ではなく、欠点として分類されることがあります)
学生へ一言

「人間力」をみがこう。教員は、「学習指導力」だけでなく、「人間力」も求められます。

教員は子どもたちの前で突然、「人間力」の発揮を求められることがよくあります。「人間力」の獲得には時間がかかります。教員なってからでは間に合いません。今から「人間力」を意識した考え方や行動の積み重ねが必要です。まずは、「人間力」とは、どのような「力」なのかを考えてみよう。
 
一覧
 
ページトップへ
〒516-8555三重県伊勢市神田久志本町1704/皇學館大学総務課 COPYRIGHT:KOGAKKAN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.
皇學館大學トップページへ