皇學館大学|教育学部 皇學館大学|教育学部
教育学部とは?
挨拶
教育学部組織
取得可能資格
教員紹介
ゼミ紹介
研究活動
小中高向けICT活用
子育て支援活動ぴよ♪ぴよ♪
お問い合わせ
教育学会
卒業研究
卒業生のメッセージ
卒業記念ミュージカル
学生の活躍
リンク集
お問い合わせ
オープンキャンパス
入試情報
 
学生の活躍
ホーム > 学生の活躍 > 第73回東海学生駅伝対校選手権大会で教育学部の学生が活躍しました。
第73回東海学生駅伝対校選手権大会で教育学部の学生が活躍しました。

12月4日(日)、愛知県知多半島において、第73回東海学生駅伝対校選手権大会が開かれました。教育学部からも 2区に石坂健太(2年) 、3区に太田昌希(3年) 、4区に松本聖(2年)、7区に川村幸夫(3年)が出場し、総合成績で愛知工業大学、名古屋大学、中京大学に次いで4位に入賞しました。1区から快調な滑り出しを見せ、一時は3位入賞も見え隠れしましたが、最後は少し力の差が出てしまった感じです。しかし、来年度以降のより一層の活躍が期待できる走りでした。近いうちに、全日本大学駅伝にも出場できるに違いありません。なお、大会には、多くのご父兄や陸上競技部員の応援がありました。朝4時に本学を出発し、朝早くから応援してくれた人たちにも感謝して、今後とも頑張ってほしいと思います。

【日比勝俊駅伝監督による寸評】
12月4日(日)に行われました東海学生駅伝におきまして、関係者の方々からの多数の応援を頂き、ありがとうございました。総合4位、3時間28分40秒は、戦後本学が今大会に復帰して以来、最高の順位、最速の記録でした。
現在、東海学連の長距離は、3大学が抜け出している状態です。今回は、3強の一角を崩して「3位狙い」で臨んだ大会でした。予想通りの展開の中、想定内の走りで4区中盤まで先頭も視野に入る3位以内のレースを進めることができましたが、力及ばず、4位に後退し、そのままゴールしました。
レースの内容、各区間での記録や順位、総合でのタイム差などから見ても、昨年までは、3強からはるか離れた位置での4位争いの中の5位でしたが、今回は、一気に4位争いからも抜け出し、限りなく3強に近い4位だったと思います。課題もたくさん出ましたが、その一方で、選手らは今ある実力を存分に発揮した、と評価したいと思います。

今後とも、ご声援よろしくお願いします。

第73回東海学生駅伝対校選手権大会結果

【総合成績】

1位
愛知工業大学 3.24.43
2位
名古屋大学 3.26.34
3位
中京大学 3.26.55
4位
皇學館大学 3.28.40

区間

氏名

学部

学年

区間

中継点通過

タイム

順位

タイム

順位

濱地久史

文学

26.37

3

26.37

3

石坂健太

教育

32.57

6

59.34

4

太田昌希

教育

25.33

2

1.25.07

3

松本 聖

教育

27.20

4

1.52.27

4

大山竜矢

文学

35.10

4

2.27.37

4

若菜 純

文学

20.12

4

2.47.49

4

川村幸夫

教育

40.51

5

3.28.40

4

2区 教育学科2年 石坂健太

 

7区 教育学科3年 川村幸夫

 

 

 
ページトップへ
〒516-8555三重県伊勢市神田久志本町1704/皇學館大学総務課 COPYRIGHT:KOGAKKAN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.
皇學館大學トップページへ