皇學館大学|教育学部 皇學館大学|教育学部
教育学部とは?
挨拶
教育学部組織
取得可能資格
教員紹介
ゼミ紹介
研究活動
小中高向けICT活用
子育て支援活動ぴよ♪ぴよ♪
お問い合わせ
教育学会
卒業研究
卒業生のメッセージ
卒業記念ミュージカル
学生の活躍
リンク集
お問い合わせ
オープンキャンパス
入試情報
 
学生の活躍
ホーム > 学生の活躍 > 第70回東海学生駅伝対校選手権大会で教育学科の学生が活躍しました
第70回東海学生駅伝対校選手権大会で教育学科の学生が活躍しました

第70回東海学生駅伝対校選手権大会が12月7日、知多半島一周7区間のコースで開催されました。

「駅伝」は、大正6年(1917年)の4月27日、京都・三条大橋から東京・忍池までの516kmを23区間に分けて行った東海道駅伝徒歩競走が初めてのもので、その名付け親は、この駅伝を主催した読売新聞の社会部長であった土岐善磨に命名の相談を受けた神宮皇学館第6代館長である武田千代三郎(1913年9月 -1918年 4月)でした。

それゆえ、本学とは縁の深い競技と言うことができます。

さて、久々に参加した競技会でしたが、教育学科1年生の小野郁文が第2区で区間5位の快走を見せるなど、一時6位まで順位を上げました。残念ながら、最終的には9位のゴールとなりましたが、今後に期待を抱かせる結果となりました。近い将来、全日本大学駅伝で本学の前を走ってくれることを期待したいと思います。

また、同日行われた第2回東海学生女子駅伝対校選手権大会でも、教育学科1年生の太田朱音が東海学連混成Cのメンバーとして第4区を走り、区間4位の快走を見せました。

 

 
ページトップへ
〒516-8555三重県伊勢市神田久志本町1704/皇學館大学総務課 COPYRIGHT:KOGAKKAN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.
皇學館大學トップページへ